2010.10.24

高卒認定ガイド10

高卒認定後はどういうことができるのでしょうか?

高卒認定は、自分自身で将来設定をし、
必要であれば、受けるものです。

合格した暁には、大学入学資格を取得できます。
つまり、高校の卒業証書がなくとも、大学の受験が可能です。

きちんとした計画を立てる必要があります。

大学受験までに、大学受験予備校にもいけます。

一年から二年の間に高卒認定を受ければ、
のこり一年、大学受験をあてることができます。

ほかにも、留学という手もあります。語学を習得したい人は、
高卒認定を受けて、普通の高校生よりも、
早く留学できる可能性があります。

高卒認定合格後は大学進学・専門学校・資格取得・就職・留学と
幅が広がります。

高卒認定のよって、人生の幅が広がっていくのです。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

2010.10.23

高卒認定ガイド9

受験科目の免除は、次の人が当てはまります。

・高等学校で単位を取得している人。
・高等専門学校で単位を取得している人。
・知識及び技能に関する審査(技能審査)合格している人。
・大学入試資格検定で一部の科目に合格している人。

高等学校で単位を取得している人は、在籍した学校にいって
単位を聞きます。

その上で、高校認定の科目に当てはまれば
受験科目の免除できます。

在籍していた学校から単位習得証明書を貰い、
願書といっしょに提出します。

技能審査に合格している人ついてです。
技能審査とは下記のことをいいます。

・世界史B 歴史能力検定世界史1級および、世界史2級
・日本史B 歴史能力検定日本史級および、日本史2級
・数学  実用数学技能検定1級及び準1級または2級
・英語  実用英語技能検定1級及び準1級または2級
     全商英語検定1級及び2級
     国際連合公用英語検定試験特A級、A級、B級、C級

となっています。

もし、自分が上記の技能検定を持っているなら、
必要な書類に書いて提出します。
受験免除となります。

このように、受験科目の免除はあります。
もし、上記に該当しない人は、

8科目受験です。
始めは大変ですが、ひとつでも合格すると一生
権利があります。

高校中退の人は、あきらめずに
受験してみましょう。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

2010.10.22

高卒認定ガイド8

試験は、どんな感じで行われるか?といいますと、

マークシートで行われます。
四肢選択から五肢選択の中から、マークします。
問題は、持ち帰りできます。

出題数は、社会系の出題が多いです。
解答時間は、各科目50分に設定されています。

2日間行われます。

ある程度、こういった流れを知っておくと
勉強の計画ができます。

ぜひ高校卒業認定の資格を受験する際には、
お役に立ててくださいね。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

2010.10.21

高卒認定ガイド7

出願から受験の流れは、
まず、右にあるスケージュール表を見て、
官報・文部科学省のHPを確認。
(年度で取り扱いが変わります。かならず確認を取ります)

願書を入手し、願書を記入します。
願書内容を確認し、漏れがないように提出します。

あとは、受験票を待ちます。

受験科目は、8科目です。

高校一年以上終了と特定の資格を持っている人は、
受験する科目が少ないです。

ただし、科目によって受験が必要な場合があります。

まったく資格がない人は、まずは8科目を受けます。
その後で落ちた科目があれば、再受験します。
そのときの合格した科目は、免除になります。

まったく資格がない人は、かなり大変だと思います。
8科目です。

私がオススメする
下記を利用する手があります。

特定の資格がある人は、自分が持っている資格が
利用できるかを確認します。

今年の第2回、願書は終わっています。
来年の4月まで、時間があります。

もし、あなたが高卒認定を取りたいと思っているなら、
今、考える時です。

11月から4月まで、5ヶ月あります。
高卒認定を始めるにはいい時期です。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

タグ:高校中退
2010.10.20

高卒認定ガイド6

高校認定試験実施計画はつぎの通りです。
第1回第2回
願書配布

4月中旬

7月下旬
出願期間

5月中旬

9月初旬
試験日8月初旬(平日)11月中旬(土・日)
合格発表9月上旬12月中旬


試験は年2回あります。
これなら、何回も失敗しても時間をかけて
科目合格できますね。

高校認定の合格は、合計8科目の内容

・国語
・数学
・英語
・理科 2科目 
理科総合・物理T・化学T・生物T・地学Tから選択
・公民
現代社会・政治・経済+倫理
・地理・歴史
日本史A・日本史B・地理A・地理Bから一科目選択
世界史 世界史・世界史B

あとは、ちゃんとした計画や本人の意思が必要となります。

私も、目標設定いうは苦手です。
しかし、高卒認定には興味があります。

なぜなら、自分でペースで勉強ができて、
仕事をしながら、子育てしながら、時間をかけて
高卒認定が貰えることは、すごいことです。

それに、自分自身にも自信がつきますからね。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

タグ:高校中退

不登校・高校生 ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。