2009.03.11

高校中退とひきこもり。

ちょっと、ダークなタイトルですね。
今まで、私簡単に簡単に考えてました。

この文章の向こう側には、人がいるんだと
その人のために、今自分は何を書くべきが

ぬけていました。

ちょっと、本気で調べて、
ここで自分の思っていることや、考えていることを
書こうと思います。

ひきこもり、この言葉は、私にも当てはまります。
私は、いちおう商業高校まで、卒業しましたが、

なんとか頑張って卒業しました。でも、本当は学校なんて行きたくなかった。

早く、社会へ出て、バリバリ働いていくんだという思いはありました。

でも、世間ではいちおう高校の資格だけはといいます。
実際に、今の私は、パートの皿洗いをしています。

家庭の事情もありますね。商業とはかけ離れたところで
仕事をしています。

なんだ、ひきこもりではないじゃんと思うかもしれませんね。
ひきこもりには、いろんなタイプがあると思います。
本格的に部屋に閉じこもるタイプと、私みたいに人と関わりたくないタイプがあると思います。これは、気持ちがひきこもると解釈しています。

まあ、これは、あくまで、私の考えですが・・・。

高卒と高校中退もひきこもりも
なんだか、違うようで、同じような気がします。

それは、なんだ?と自分に聞くと、ようは、自分はどう世のなかで、
生きていこうかってことなんですよね。

高校に行くにしろ、いかないしろ、ひとつの自分の人生の通過点。
ひきこもりも、そうですね。いつかは、そこから旅立つ時がくる。

そのときが一番苦しいんですよ。
なんか、いっぱい書いてしまいました。
読みづらいかもしれませんね。

つたない文章だけど、伝えたいと思います。
私が、思うことを・・・。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ


2009.03.10

高校中退の現実!


高校中退には、さまざまな問題が隠れていますね。

この画像を見て、ことの深刻さに心痛めました。



私も、しっかりとした情報を集めて、高校中退者たちの

ために、学び道を探りたいと思います。



高卒資格は高卒認定試験対策協会へ







東京、埼玉、神奈川、千葉の公立高校転学情報

東京、埼玉、神奈川、千葉の公立高校転学情報




2009.03.09

高校中退の人でも、夢は、持っている。

3/9

高校中退の人でも、夢は、持っている。

いろいろな事情で、高校がいけなかったり、途中で
いけなくなったりして高校中退をする人がいます。

なぜなんでしょうか?
高校というのは、義務教育ではありません。

高校中退でも、生きていくことができます。
でも、辞めてしまった本人は、それで納得するのでしようか?

本当のところは、わかりません。
本人がそう気持ちを抑えているのか?

気持ちを捨てたのか?
いやいや、そうじゃないよ。

やりなおすんだという覚悟を決めたら、
心のドアは開くことができる。

夢が見えてくる。
私も、今おぼろげながら

何かを掴もうとしている。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ







2009.03.08

高校中退の理由

個人的な理由で、高校中退する人がいます。人生には、いろいなことがあります。でも、高校中退している人でも、立派に生活をして、自分の人生を歩んでいる人がいます。それは、自分に目標があるからです。

中には、ただやみくもに学校が面白くないという理由で高校中退を選ぶ人もいます。

でも、世の中にでるとわかることがあります。
学校ほど、丁寧にはいろんなことを教えてはくれません。ましてや、高校中退と言う言葉を聞いただけで、ダメ人間だと決め付ける人もいます。

まさに、理想と現実は、違いますね。
今、あなたが、高校中退と言う理由で、世の中に背を向けているとしたら・・・。

まずは、そこからはじめたらいいのではないでしょうか?
自分は、いったい何をしたいとのか?

ここに答えがある
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

タグ:高校中退
2009.03.07

高校中退からの大学受験!

高校中退からの大学受験ともなると、まずは、高校資格をとらないと大変ですね。

もうすこししたら、高卒認定試験対策協会の資料が届くので、ちょっと、詳しいお話ができるかもしれません。

大学では、受験資格が、18才以上で、高校資格のレベルがある人が受験できると書いていましたね。

もし、高校中退で、もう一度、高校を受けなおしたいと思うなら、自分が何ができるか?また興味があるのは、理数系か文科系かを考えていた方が、いいですね。

それだけでも役に立ちます。これからも、いろんな進学の方法を探してみますね。

お勧め↓↓↓ただいま資料請求中です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

タグ:大学 受験

不登校・高校生 ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。