2010.10.19

高卒認定ガイド5

高卒認定の試験というは、どんな流れがあるのでしようか?

高卒認定は文部科学省が実施する試験です。
科目別に行われ、合否も、科目別に行われます。

合格基準は、科目別合計の8科目で高卒認定が取れます。
ただし、倫理と政経を選択すると、9科目です。

最低でも、8科目の合格が必要です。

合格した科目は、一生有効です。

あと一歩で高卒認定ができなくても、次の高卒認定試験で、
合格した科目以外を受験し、合格を受けます。

8科目が合格が揃えば、晴れて高卒認定がもらえます。

合格した科目は一生有効なので、
時間をかけて、高卒認定を受けられますね。

まずは、自分のできるところから
始めると意外と高卒認定できるかもしれません。

ただし、あなたの行動が試されます。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

タグ:高校中退
2010.10.18

高卒認定ガイド4

高卒認定は受験年度3月31日で、満16歳以上なら、誰でも
受けることができます。

ということは、高校中退の人も受けられますし、
高校中退をして何年たっても、自分が高校中退の肩書きが
ほしいと思い立ったら、受験できますね。

ほかにも、自ら高校へはいかず、仕事と両立しながら
社会経験を積み、自分で稼いだお金で
高卒認定取得という手もあります。

高卒認定というは、いろんな可能性がありますね。
ただし、若いうちから、こういうところを知っておくと

自分の目標と考えながら、高卒認定がもらえます。

もう年だから、高卒認定の資格は
要らないという人もいるかもしれませんね。

教養として、知識としておまけに資格取れると考えれば
面白いと思いますね。

ある人は、自分のしたいことがあって
それをしながら、高卒認定を受けて、見事合格。
そして、大学までいきました。

ただし、本人の努力は相当なものですが。

たかが、高卒認定。
それど、高卒認定。

高校中退の人、諦めることはないですね。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

タグ:高校中退
2010.08.04

高卒認定ガイド3

高卒認定の資格はいったいどんなものなのでしょうか?

元々、この高卒認定とは大検(大学入学資格検定)から
変わったものです。

2005年から高卒認定試験(高等学校卒業程度認定試験)として
実施されるようになりました。
つまり、今ままでの大検と同じように高卒認定ができるわけです。

高卒認定を受けると、大学はもちろんのこと、短大、
専門学校への道が開けます。

また、就職や資格試験などにも高等学校卒業と同じ扱いに
なって履歴書に書けます。

ただし、履歴書の学歴欄は中卒のままで書き、
資格欄に高卒程度認定と書きます。

やはり、高校出というほうが学歴ということなのでしょうか?

定かではありませんが、
高卒認定の資格がないよりか有利だし、
なによりも資格となります。

持っていないよりも、
履歴書に資格を書けるというのは
すごいことだと思いますよ。

それだけ、高卒認定で努力していると
いうことにもなりますからね。

認められやすいと思います。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

2010.07.31

高卒認定ガイド2

高卒認定を受ける場合の流れを
これから書いていきたい思います。

参考にしているが、下記でお知らせしている
「高卒認定ガイドブック2010-2011」です。

著作権の問題もありますので、
あまり詳しいことは書けません。

大まかな流れの説明と高卒認定の受験は
私なりの解釈ができると思います。

一通りの流れの理解ができれば
自分なりの勉強方法の仕方を

お伝えできればいいなと思っています。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ

2010.07.12

高卒認定ガイド1

ちょっと調べてみました。
高卒認定のガイドブックを見つけました。

私も、早速注文をしてどのような流れなのかを
確認してみますね。

これからは、いろいろな勉強方法があるんだと思います。
今年の選挙も、わけのわからぬまま
特に、子供は置いてけぼりで、

「何をどのようにしていけばよいのか?」
分からない状態になっています。

私も、一社会人ですが、やはり世の中のことをあまり知りません。

先日でも、ひょんなことで、
「私は世の中のことを本当に真剣に考えていたのか?」と
思い知らせれました。

後日、また詳しいお話はしますが、
とりあえず、こんな本がありました。

興味もある方は、読んでおくといいですね。
私も、どうやったら、勉強できるか?自分の知識として
知恵として、利用できるか?

私が思うことをちょっと考えたいと思います。

参考資料
高卒認定ガイドブック〈2010‐2011〉

資料請求無料です。
高卒資格は高卒認定試験対策協会へ


不登校・高校生 ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。